自分らしさって、なんだろう。

car repair, car workshop, repair shop

RyanMcGuire (CC0), Pixabay

 自分らしさって、自分の生きがいに通じているものだと思います。生きがいを感じる事ができる自分にふさわしい生き方。

 個性というのも自分らしさの一部かもしれないけど、本当の個性って、ありそうで無いと思うのです。個性的な印象の人は、いますけど、それはその人が見た感覚であって、その人の個性では無い。どんな有名人でもそっくりさんはいるし、その人のまねをしたらもう個性では、無いですよね。だから、髪型とか服装で個性を表現したとしても厳密にはその人だけの個性ではなくなる。

 他の記事でも書いたんだけど、結局自我は無いから、自分は何者にもなれるし、なんでもできる。だから自分らしさというのは、自分ではわからないものなんです。人からの見られ方で、自分らしさ、あなたらしさが見えてくるものなのです。「自分探しの旅」って聞いた事があるかもしれませんが、どこまで行っても見つからないのは、自分ではわからないから「自分探しの旅」は意味が無いんです。(自分を忘れる旅なら、あるかもしれないけど)

 それでも、「自分らしさ」を追求すると、自分にしかできない事になって。 

 自分にしかできない事を追求すると、それが自分の生きがいに通じるという事です。

 

 自分にしかできないことも、例えばゲームとか趣味の自己満足で完結するような話だと、生きがいにはならないですね。他者に認められて、社会貢献ができる自分にしかできないこと。起業家やフリーランスの方は、これができているから成功しているんです。これができないと失敗しています。フリーじゃなくても、楽しく仕事をしている人は、きっと自分らしい仕事の仕方を身につけているんでしょうね。自分らしさが発揮できないと、仕事が機械的に感じたり、やりがいや生きがいを見失うのでは、無いでしょうか。

 自分らしい生き方=自分にふさわしい生き方 ぜひぜひ、ここを意識して楽しんでほしいと思います。

 自分の人生は、常に自分が主役である。自分らしさや自分にふさわしい生き方がピンとこないのは、主役になっていないのかもしれません。他者依存、いつも誰かのいう通りだと、楽だけど自分らしさが出て来ません。私も自衛隊にいた頃は、個性を出すとはじかれるような気がして、輪の中に埋まっていたんですけどね。ほんとに、コンフォートゾーンのど真ん中に押し込められてました。まあ、いいや。人生の主役は私であり、あなたのものです。自分が楽しまなくてどうするの。ですね。

 ところで、今はSNSの時代。ネットが一般的になる前は、こんなに個人が色々と発信できるって考えられなかったですね。この記事を目にしている方は、ほとんどネットに慣れた方だと思います。もっとみんなに挑戦、楽しんでほしいですね。今でも、暇さえあればテレビつけちゃう人も少なく無いです。(また、話がそれそう)余談ついでに、『5G』に変わると、画面ではなく、目の前に立体画像が出てくるという話を聞いた事があります。ますます臨場感に溢れた楽しい世の中になりそうです。

 と、言うわけで、私らしさは誰かが作ってくれるものではありません。私らしさは、自己責任で自分で作っていかなければならないのです。それを周りの人に伝えて見つけてもらう。そこに価値が生まれて、自分の生きがいに通じるのです。

 自分らしさ、自分はこんなに楽しく生きてますよって、大いに楽しく伝えましょう!

 

🌸コーチング体験セッションは、こちらです。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA