絶対的に、話が噛み合わない時は。

上司の場合

 今年の8月に編入してきた上司なんです。噛み合わないですね。一緒に仕事をしていくからには、「噛み合わない」では、済まされないじゃ無いですか。面倒な事は嫌いなので、放って置きたいんですけどね。

なぜ、噛み合わないのか?

自分の意見・価値観は、正しいと思っている。

 人は皆、自分の意見・価値観は正しいと思っています。でも、それを他人に強要すると、その瞬間からとても不快感を覚えることがありますよね。必ずしも、同調するとは、限らないわけで。そこをわかって欲しいのですが、そのことを前提として話を進めてくるので、どうしても平行線のまま、進行していくことになります。…耐えられますか? 嗚呼、悍ましい。具体的に言うと、「君の考え方は、いつも間違っているから、直した方が良い。」と、言われ続けているような感じです。なぜ、好きなように矯正したがるのかが、わかりません。

 そういう私も、常識から離れた価値観を持っていることを自覚しているので、なるべく衝突しないように気をつけています。

聞いているようで、聞いていない

 「あれ、その話は前にしました。」って、思うことは、無いですか?忘れっぽいのか、聞いて無いのか、よくわからないけど、やりにくいですよね。特に、上司の場合だと「この前と、話が違う。」とか「自分でそう言ってたでしょう。」は、言いにくいですから。だんだん、話もしたくなくなるわけです。その割には、逆のパターンになると怒り出したりして。

話を省略しすぎる

 「今回の事案の話だけど」から始まる会話がありました。「何をカッコつけてんだ?」って、思いませんか。省略しなくても、良いところです。イライラするだけです。

マジメな対処法

 ホントに、噛み合わない上司(その他の人も)って、イライラくるだけで困ったモノですね。そう言う時のマジメな対処法は、いちいち確認することです。確認しながら、話を進めるしかありません。「今の話は、このような話でよろしかったでしょうか?」と、話の流れに沿った内容で丁寧に進めましょう。自分の事を第一優先で、凝り固まった価値観しか無い人ですから。

私の対処法

 そんな人は、無視〜したいけど、できない〜。だから、表面的なお付き合いだけで時間が解決してくれることを待つのです。いいんです。無理に合わせなくても。特に影響ありません。「こんな人には、なりたく無い。」の見本として、勉強させていただきました。と言う感謝の心は忘れずに。

彼氏、彼女の場合

 意外と、楽しいです。楽しんでもらえれば、最高です。わざとずらしたり、ボケてみたり。噛み合わない駆け引き。仲が良いほど、相手のことを悪く言う時もありますよね。話が多少噛み合わなくても、信頼関係があれば、無理に自分の意見を通そうとしたり、相手のことを変えようとしないで、そのままの状況で楽しめるようにしてください。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA